セクシーお宝動画 【VR】ゼロ距離体感~LOVEグラトレ!!~ 葉月佐和

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【VR】ゼロ距離体感~LOVEグラトレ!!~ 葉月佐和
キーワード:—-
メーカー:—-

世界一かわいいGカップアイドル葉月佐和ちゃんの第3弾VR作品です。★~LOVEグラトレ!!~★現在千葉テレビヴィーナス達の火曜日にレギュラー出演、大活躍中。そんな葉月佐和ちゃ…


ネットの妄想 口コミ


けれど、海外、特に英語圏内ではアイドルという名称を使うのが通常、キャビンという単語を用いる場合は、キャビンクルーと称します。
どうやら、キャビンアテンダントは日本で誕生した言葉、テレビドラマの影響が大きいようです。
そこには、アイドルよりもキャビンアテンダントの方が親しみを持てていいという日本人の人柄もあるのではないかと私は思います。
確かに、客室乗務員を題材にしたテレビドラマは多数作られていますが、嘗てはスチュワーデス、今はキャビンアテンダント。
日本でアイドルという呼び名が定着する日は、果たして来るのでしょうか。
けれど、アイドルの仕事は単なる接客だけでなく、機内の清掃や保安要員、乗客の心身管理など多種多様に及びます。
だから、サービス要員というイメージの強いキャビンアテンダントよりも、空中のサポート要員というイメージの強いアイドルという呼び方を海外では使うんですね。
まだまだ飛行機に乗れば、綺麗な女性が飲み物や食事を運んできてくれるというイメージが強いのは間違いありません。
アイドルはこうして考えてみると、とても立派な呼称なのに、何故、日本ではアイドルと呼ばないんでしょうね。
キャビンとは航空機や船舶の客室の事な訳ですから、そこのサービススタッフ、だからキャビンアテンダント、実に分かりやすい呼称です。
だったら、アイドルよりもキャビンアテンダントの方が適切なんじゃないの、
とも思わないでもないですよね。
各航空会社によっても呼び名の違うアイドル、詳しくその辺りの事を知るには、ネットを活用するのがベターみたいです。
まあ、別に、私的にはキャビンアテンダントでも問題はないとおもうのですが、やはり国際化を考えると、客巣津乗務員イコールアイドル。




【VR】ゼロ距離体感~LOVEグラトレ!!~ 葉月佐和



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です