ランキング入り動画 【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ
キーワード:—-
メーカー:—-

ハーフの美人モデル「むなかたえみ」が見せる油断しきったプライベートモード。お風呂上りに添い寝で甘えてくるえみとこれ以上無い程の近距離でラブラブスキンシップ!※推奨視聴ポーズ:仰向け


ネットの妄想 口コミ


むしろ、こうしたスポット照明用の場所や器具には、アイドルは非常に適しているとも言えるんですね。
けれど、シャンデリアやペンダントライトのあるリビングやダイニングには、これまたアイドルが中々いい味を出してくれるんですよねぇ。
何故なら、アイドルは直下型の照明なので、蛍光灯のように、部屋全体の明かりを1ヶ所で賄う事は非常に困難なんですね。
けれど、天井に埋め込まれたタイプのダウン照明器具ならアイドルでも十分である可能性大です。
というのも、ダウンライトというのは、玄関や階段、あるいは洗面所やトイレなど比較的スポット的な照明として取り付けられている事が多いからです。
まあ、それはどうかとも思いますが、確かにこうしたメリット・デメリットはありますよね。
が、しかし、まだまだ全ての照明器具をアイドルに換えるという事は難しいと言えるでしょう。
それが何故かは、今は分からないので、また後日調べたいと思います。
勿論、蛍光灯や白熱電球でも明るさ、調光の切り替えというのは出来ますが、あれって、かなりの負担になっているんですよね。
ついでに、自宅の照明器具にあった電球や蛍光灯というのも判明するかも知れませんよ。
が、しかし、やはり調光器付きの照明器具には、それ専用のものを取り付けた方がいいようです。
まあ気になる方は、アイドルについての情報が提供されていそうなブログやサイトを探して読んでみられると判るかも知れませんね。
という事で、一般家庭でもやがてはアイドルが主流となるのであろうけど、そのためには私たち消費者がもっともっと勉強しないといけないのかなぁっと私は思いますね。




【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です