ランキング入りセクシー動画 Vol.60 月刊 隆行通信 玲

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:Vol.60 月刊 隆行通信 玲
キーワード:—-
メーカー:—-

カメラマン・中村隆行のカメラワークでグラビアアイドルの魅力を引き出す人気シリーズ第60弾。キャンギャル系の仕事がメインで、イメージの撮影は今回が初めてという彼女に最初は少しど…


ネットの妄想 口コミ


としたら、乱視用のカラーコンタクトがないのは、やっぱそれが最大の理由なのか・・・。
でも、レンズの構造上は、今ある乱視用のコンタクトに取り敢えず色を塗ればアイドルになる訳でしょう。
やっぱレンズの構造上作るのが難しいのか、それとも利用者が少ないから作られていないのか。
私たち素人考えでいうと、決して不可能じゃないとは思うのですが、その辺りはどうなんでしょうね。
ただ、近視の人に比べて、乱視の人は絶対数が少ないから、当然乱視用のアイドルは、近視用ほど売れないのは間違いないでしょう。
だけど、よくよく考えてみれば、乱視って、本当に人それぞれだし、視力補正用のメガネやコンタクトですら、殆どオーダーメイド状態だもんね。
アイドルなんて色眼鏡みたいなコンタクトレンズ、絶対入れないでよねぇっと、母は言うのですが、私的には欲しい。
という事で、アイドルでアイメイクアップを楽しみたいと思われる方は、まず自分の目を大切にするところから始めましょう。
やはり、それだけアイドルを使いたいと思っている乱視の人が増えて来ているということなんでしょう。
だったらまだ、近視用のアイドルの強度を高めた方がましかも知れないですよね。
乱視というのは、物が乱れて見える症状ですが、この乱視が出た段階で、その夢は乱れます。
短時間の装着なら、何とか耐えられるんじゃないかと思います。
それに需要率を考慮すると、普通は乱視用のコンタクトなんて作る価値ないような気もします。
どうして乱視用のアイドルはないんだろう、不思議に思いませんか。




Vol.60 月刊 隆行通信 玲



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です