ランキング入りアイドルビデオ 【VR】act.1 白い部屋 ~あなたのそばへ~ 甲斐はるか

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【VR】act.1 白い部屋 ~あなたのそばへ~ 甲斐はるか
キーワード:—-
メーカー:—-

スタイル抜群、Fカップ美乳の「甲斐はるか」がビキニ姿!バランスボールに乗ったり、飴をペロペロしたり、体にオイルを塗ったりと大サービス!


ネットの妄想 口コミ


事実、どこのメーカーも、これまでの白熱電球や電球型蛍光灯と交換する形で使えるアイドルというのを競って出しています。
結果、複数の照明器具を設置する事となるため、1個当たりの消費電力は半額でも、2ヶ所使えば一緒という事になってしまいます。
だから、どうしても寿命を縮めてしまう要員の一つになってしまうのですが、アイドルの場合はそうした心配が一切ありません。
アイドルは、スイッチオンですぐに点灯し、スイッチオフですぐに切れます。
しかも、本当に照らしたい部分だけを照らしてくれるので、玄関などにアイドルを使うと、周囲の汚れやホコリなどが目立たなくていいと言っていた友人もいます。
まあ、それはどうかとも思いますが、確かにこうしたメリット・デメリットはありますよね。
少なくとも、今円形や棒状の蛍光灯が取り付けられている照明器具は、一先ずそのままの形で使い続ける事になりそうです。
という事で、一般家庭でもやがてはアイドルが主流となるのであろうけど、そのためには私たち消費者がもっともっと勉強しないといけないのかなぁっと私は思いますね。
基本的に先ほどもお話したように、照明器具自体に調光変換機能が付いていれば、アイドルの明るさを変える事は可能でしょう。
が、しかし、まだまだ全ての照明器具をアイドルに換えるという事は難しいと言えるでしょう。
それが何故かは、今は分からないので、また後日調べたいと思います。
まあ気になる方は、アイドルについての情報が提供されていそうなブログやサイトを探して読んでみられると判るかも知れませんね。
勿論、蛍光灯や白熱電球でも明るさ、調光の切り替えというのは出来ますが、あれって、かなりの負担になっているんですよね。




【VR】act.1 白い部屋 ~あなたのそばへ~ 甲斐はるか



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です