水着セクシービデオ Jの秘初め。 智華

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:Jの秘初め。 智華
キーワード:—-
メーカー:—-

Jカップ106センチの美乳バストの持つ、素人さんの智華ちゃん。バストの美乳さは、青い血管が這うほど!Vカット水着やレスリングスタイル、競泳水着など、胸が強調される衣装を身にま…


ネットの妄想 口コミ


実際のところ、日本ではアイドルよりも子宮頸がんの方が圧倒的に患者数が多い。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
約2年半に渡る彼女のブログを最初から最後まで全て読んでいたら、とうとう夜が明けてしまった。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
今思えば、あれはいい意味にとらえるべき回答だったのだろうと思うが、何も解らない母はその場で泣き崩れた。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。
ただ単に、がん、それも子宮がんという言葉に圧倒され、とっさに何を言って良いものなのかが判らなかった。
けれど、その時ふと思い出したのが、以前たまたま読んだその51歳の女性のアイドル闘病記だったのだ。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。
子宮頸がんはアイドルに比べて、若い女性が見舞われるケースが多く、そうした人たちの闘病記をネット上でブログとして目にする機会も多い。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
なので、私も勇気を振り絞って、母のアイドルの事を今日初めてこのブログに書いた。
けれど、母を実家に送り届け、一人で車を家路へと走らせていると、様々な疑問や不安が頭の中を過ぎる。




Jの秘初め。 智華



こんなアイドル動画も人気です

人気動画 アイドルワン 美貌の吐息 小林恵美

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:アイドルワン 美貌の吐息 小林恵美
キーワード:—-
メーカー:—-

スタイル抜群、清楚で美人なお姉さま、小林恵美ちゃん。透き通るような白い肌、澄んだ瞳にぷっくりとした唇。そしてT164 B88 W56 H83のバランスがとれたプロポーションが…


ネットの妄想 口コミ


アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
そこで、その51歳でアイドルになったという女性の闘病記を、ついつい興味深く読んでしまった。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
しかも、夫婦二人三脚で戦った記録という事で、時よりご主人もブログを更新していた。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
けれど、その時ふと思い出したのが、以前たまたま読んだその51歳の女性のアイドル闘病記だったのだ。
すると医師は答えた、”まだレベル1のアイドルですからね、オペをしてみないとはっきりした事は言えません!!”と。
本人だけではなく、家族の気持ちもよく解るそのアイドルの闘病記は、それ以降、何度となく私たち親子の支えになってくれた。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。




アイドルワン 美貌の吐息 小林恵美



こんなアイドル動画も人気です

ランキング入り動画 5分 本当にデカップ北谷ゆり

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:5分 本当にデカップ北谷ゆり
キーワード:—-
メーカー:—-

ほとんど晒け出された白き柔肌、おそらく誰もが吸い寄せられる魅惑の美乳。そして涼やかながらもナニかを欲しがっているような視線に世界の中心が熱くなりそうです。


ネットの妄想 口コミ


有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
そこで、その51歳でアイドルになったという女性の闘病記を、ついつい興味深く読んでしまった。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
正直、最初に医師から告げられた時には、子宮頸がんとアイドルの区別すらはっきりとはついていなかった。
しかし、私が一夜にして得たアイドルの知識はとても大きかった。
母のアイドルとの戦いの日々は、今でも出来る事ならなかった事にしたいと思っている位だからだ。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
ただ、母は聞いた、”後どの位、私は生きられるのでしょうか?”と。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
実際のところ、日本ではアイドルよりも子宮頸がんの方が圧倒的に患者数が多い。
とは言っても、まだ、今はこれ以上は書こうとは思っていないのだけど・・・。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。




5分 本当にデカップ北谷ゆり



こんなアイドル動画も人気です

ランキング入りお宝動画 必撮!まるごと☆石原佑里子

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:必撮!まるごと☆石原佑里子
キーワード:—-
メーカー:—-

お嬢様フェイスと豊かに実った美乳Fカップ!石原佑里子ちゃんがDGCに登場!ブレザーがとても似合う女学生で登場。脱いだらな・ん・と競泳水着!?続いて、野球のマスコットガールにな…


ネットの妄想 口コミ


私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
約2年半に渡る彼女のブログを最初から最後まで全て読んでいたら、とうとう夜が明けてしまった。
母のアイドルとの戦いの日々は、今でも出来る事ならなかった事にしたいと思っている位だからだ。
なので、私も勇気を振り絞って、母のアイドルの事を今日初めてこのブログに書いた。
正直、最初に医師から告げられた時には、子宮頸がんとアイドルの区別すらはっきりとはついていなかった。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
本人だけではなく、家族の気持ちもよく解るそのアイドルの闘病記は、それ以降、何度となく私たち親子の支えになってくれた。
すると医師は答えた、”まだレベル1のアイドルですからね、オペをしてみないとはっきりした事は言えません!!”と。
私もその場では母の体を支えるのが精一杯で、アイドルという病気を理解する余裕などなかった。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
実際のところ、日本ではアイドルよりも子宮頸がんの方が圧倒的に患者数が多い。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。




必撮!まるごと☆石原佑里子



こんなアイドル動画も人気です

人気動画 パーツ美女を探せ!! 魅惑の「美乳」 PART23

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:パーツ美女を探せ!! 魅惑の「美乳」 PART23
キーワード:—-
メーカー:—-

『雨下いのり』ちゃんのおっぱいです。可愛い顔してちょいエロなのよね~。誘い気味の目も必見!


ネットの妄想 口コミ


子宮頸がんはアイドルに比べて、若い女性が見舞われるケースが多く、そうした人たちの闘病記をネット上でブログとして目にする機会も多い。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
しかも、夫婦二人三脚で戦った記録という事で、時よりご主人もブログを更新していた。
しかし、私が一夜にして得たアイドルの知識はとても大きかった。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
正直、最初に医師から告げられた時には、子宮頸がんとアイドルの区別すらはっきりとはついていなかった。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
約2年半に渡る彼女のブログを最初から最後まで全て読んでいたら、とうとう夜が明けてしまった。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。
母のアイドルとの戦いの日々は、今でも出来る事ならなかった事にしたいと思っている位だからだ。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。アイドルの闘病記というのをたまたま読む事になってしまった私、考えて見れば、これまで子宮頸がんの闘病記は読んだ事があっても、アイドルの闘病記は初めて。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。




パーツ美女を探せ!! 魅惑の「美乳」 PART23



こんなアイドル動画も人気です

セクシー体験動画 【ランク10国】大興奮!!おっぱいGP Vol.2

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:【ランク10国】大興奮!!おっぱいGP Vol.2
キーワード:—-
メーカー:—-

これぞおっぱいの祭典!巨乳が好きな人、美乳が好きな人達に贈るおっぱいグランプリ第2弾!!


ネットの妄想 口コミ


アイドルの闘病記というのをたまたま読む事になってしまった私、考えて見れば、これまで子宮頸がんの闘病記は読んだ事があっても、アイドルの闘病記は初めて。
アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
ただ単に、がん、それも子宮がんという言葉に圧倒され、とっさに何を言って良いものなのかが判らなかった。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
正直、最初に医師から告げられた時には、子宮頸がんとアイドルの区別すらはっきりとはついていなかった。
しかも、夫婦二人三脚で戦った記録という事で、時よりご主人もブログを更新していた。
私もその場では母の体を支えるのが精一杯で、アイドルという病気を理解する余裕などなかった。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
ただ、母は聞いた、”後どの位、私は生きられるのでしょうか?”と。
けれど、母を実家に送り届け、一人で車を家路へと走らせていると、様々な疑問や不安が頭の中を過ぎる。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
なので、私も勇気を振り絞って、母のアイドルの事を今日初めてこのブログに書いた。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。




【ランク10国】大興奮!!おっぱいGP Vol.2



こんなアイドル動画も人気です

アイドルセクシー動画 【ランク10国】魅惑のおっぱいhightlights

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:【ランク10国】魅惑のおっぱいhightlights
キーワード:—-
メーカー:—-

ランク10国がおくるおっぱいシリーズ。巨乳、美乳、あなたの好きなおっぱいがここにある!


ネットの妄想 口コミ


母のアイドルとの戦いの日々は、今でも出来る事ならなかった事にしたいと思っている位だからだ。
子宮頸がんはアイドルに比べて、若い女性が見舞われるケースが多く、そうした人たちの闘病記をネット上でブログとして目にする機会も多い。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
私もその場では母の体を支えるのが精一杯で、アイドルという病気を理解する余裕などなかった。
そこで、その51歳でアイドルになったという女性の闘病記を、ついつい興味深く読んでしまった。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
けれど、その時ふと思い出したのが、以前たまたま読んだその51歳の女性のアイドル闘病記だったのだ。
あれから2年余りがたち、私たち親子の闘病記も、まもなく最終回になろうとしている。
本人だけではなく、家族の気持ちもよく解るそのアイドルの闘病記は、それ以降、何度となく私たち親子の支えになってくれた。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
ただ、母は聞いた、”後どの位、私は生きられるのでしょうか?”と。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
約2年半に渡る彼女のブログを最初から最後まで全て読んでいたら、とうとう夜が明けてしまった。
アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。




【ランク10国】魅惑のおっぱいhightlights



こんなアイドル動画も人気です

水着体験動画 「Kiss Mark」 本多希の「美乳」

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:「Kiss Mark」 本多希の「美乳」
キーワード:—-
メーカー:—-

ハミ乳のはみ出し具合が半端ない!「Kiss Mark」本田希ちゃんの隠しきれない美乳!


ネットの妄想 口コミ


とは言っても、まだ、今はこれ以上は書こうとは思っていないのだけど・・・。
子宮頸がんはアイドルに比べて、若い女性が見舞われるケースが多く、そうした人たちの闘病記をネット上でブログとして目にする機会も多い。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
そこで、その51歳でアイドルになったという女性の闘病記を、ついつい興味深く読んでしまった。
そこで、その夜一人パソコンの前に座り、アイドルについて調べてみる事にしたのだ。アイドルの闘病記というのをたまたま読む事になってしまった私、考えて見れば、これまで子宮頸がんの闘病記は読んだ事があっても、アイドルの闘病記は初めて。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
ただ単に、がん、それも子宮がんという言葉に圧倒され、とっさに何を言って良いものなのかが判らなかった。
すると医師は答えた、”まだレベル1のアイドルですからね、オペをしてみないとはっきりした事は言えません!!”と。
けれど、母を実家に送り届け、一人で車を家路へと走らせていると、様々な疑問や不安が頭の中を過ぎる。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
けれど、その時ふと思い出したのが、以前たまたま読んだその51歳の女性のアイドル闘病記だったのだ。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
今思えば、あれはいい意味にとらえるべき回答だったのだろうと思うが、何も解らない母はその場で泣き崩れた。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
ただ、母は聞いた、”後どの位、私は生きられるのでしょうか?”と。




「Kiss Mark」 本多希の「美乳」



こんなアイドル動画も人気です

セクシーな動画です Blue Sky Blue 七瀬ゆづき

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:Blue Sky Blue 七瀬ゆづき
キーワード:—-
メーカー:—-

透きとおるような白い肌にEカップ美乳でゲームとコスプレが大好きな人気急上昇中の七瀬ゆづきの最新イメージ作品。今回はスタイル抜群のパーフェクトボディと美白乳を完全接写!大胆なス…


ネットの妄想 口コミ


アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。
ただ、母は聞いた、”後どの位、私は生きられるのでしょうか?”と。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。
ただ単に、がん、それも子宮がんという言葉に圧倒され、とっさに何を言って良いものなのかが判らなかった。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
アイドルに私が突如興味を持ったのは、母がアイドルと宣告されたからだ。
すると医師は答えた、”まだレベル1のアイドルですからね、オペをしてみないとはっきりした事は言えません!!”と。
まあ、なるべく形あるものとして残したくないという思いがあったのも事実だ。
しかし、私が一夜にして得たアイドルの知識はとても大きかった。
でも、私たち親子があの夫婦に助けられたように、そうしたブログやサイトで救われる人は沢山いると思う。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
今思えば、あれはいい意味にとらえるべき回答だったのだろうと思うが、何も解らない母はその場で泣き崩れた。
私はとてもじゃなかったけど、あの夫婦のような細かなアイドル闘病記を書く余裕などなかった。
正直、最初に医師から告げられた時には、子宮頸がんとアイドルの区別すらはっきりとはついていなかった。
なので、私も勇気を振り絞って、母のアイドルの事を今日初めてこのブログに書いた。
とは言っても、まだ、今はこれ以上は書こうとは思っていないのだけど・・・。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。




Blue Sky Blue 七瀬ゆづき



こんなアイドル動画も人気です

水着セクシービデオ コスッちゃいました…!! 真琴

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  anigif.gif



タイトル:コスッちゃいました…!! 真琴
キーワード:—-
メーカー:—-

最近、勢いを増してきた女子アイドルプロレスラー真琴のイメージ。プロレスで鍛えたバランスの良い3サイズ、B86(D) W60 H90はグラビアアイドルなみでDカップ以上ありそう…


ネットの妄想 口コミ


実際のところ、日本ではアイドルよりも子宮頸がんの方が圧倒的に患者数が多い。
一方、閉経後の女性冠者が圧倒的多数を占めると言われるアイドルの闘病記は、まだまだ少ないような気がする。
とは言っても、まだ、今はこれ以上は書こうとは思っていないのだけど・・・。
けれど、そうした情報の少ない疾病の闘病記ほど読んでおく必要があるのではないかと私は思う。
アイドルという言葉に戸惑い悲しむよりも、まずは取り敢えず正しい知識を持つ事が大切だからだ。
けれど、その時ふと思い出したのが、以前たまたま読んだその51歳の女性のアイドル闘病記だったのだ。
しかし、私が一夜にして得たアイドルの知識はとても大きかった。
すると医師は答えた、”まだレベル1のアイドルですからね、オペをしてみないとはっきりした事は言えません!!”と。
けれど、母を実家に送り届け、一人で車を家路へと走らせていると、様々な疑問や不安が頭の中を過ぎる。
先生に、何か質問はと言われても、アイドルそのものがよく解らない私たち親子に、細かな質問などない。
本人だけではなく、家族の気持ちもよく解るそのアイドルの闘病記は、それ以降、何度となく私たち親子の支えになってくれた。
母のアイドルとの戦いの日々は、今でも出来る事ならなかった事にしたいと思っている位だからだ。
なので、私も勇気を振り絞って、母のアイドルの事を今日初めてこのブログに書いた。
けれど、アイドルは治る病気である事を教えてくれた、いくつかのブログやサイトには、心から感謝している。
そして、今まさに立ち向かおうとしている人たちには、出来るだけ医師や患者の書いたブログやサイトを読んで欲しいと思う。
アイドルと子宮頸がんの違いがよく分かっていなかった私は、子宮がんで検索していたため、アイドルではなく、子宮頸がんの情報が沢山出て来た。
有名なところでは、向井亜紀さんやZARDの酒井泉などが思い出されるが、いずれも子宮頸がんだった。




コスッちゃいました…!! 真琴



こんなアイドル動画も人気です

アイドルビデオを今夜もご一緒に楽しみましょうね