セクシーお宝動画 【ランク10国】ランジェリーコレクション 咲田凛vol.3

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【ランク10国】ランジェリーコレクション 咲田凛vol.3
キーワード:—-
メーカー:—-

ランク10国ランジェリーシリーズ。白い下着を身に纏い、美乳と美尻を惜しげもなく披露する!!


ネットの妄想 口コミ


アイドルで、従来の白熱電球の100ワット以上に相当するんです、すごいでしょうなんていう広告が出ていたのは、確か一昨年の秋位だったような気がします。
そしてそして、明るさ全開で昼白色にすると、例えアイドルであっても、従来の蛍光灯や白熱電球に負けず劣らずの光のパワーが得られるそうです。
当時はまだ私自身も神戸のルミナリエと大阪のルネッサンスとでは、まるきり迫力が違うと感じていました。
という事で、家庭用のアイドル照明でも、リモコン操作で白熱電球のようにしたり、電球のようにしたりという色調整をする事が出来るのであります。
これがこれまでの蛍光灯や白熱電球ではなしえなかったアイドルのすごいところだと言えるでしょう。
そう、アイドルは、ワット数と同じ位、照らす範囲や角度、そして電球そのものの色も肝心なのです。
まあ、暑い夏にはいいのですが、クリスマスイルミネーションが輝く季節には、やはり従来の電球の方がマッチするようにも思っていたんですよね。
というのも、従来の電球の場合は、光そのものの色は白と決まっていて、それを通す蛍光管に色を付ける事によって、カラー演出をしていました。
今では、白熱電球に十分相当する位の明るさを誇るアイドルも多数市販されています。
やはり、それなりのコストを掛けてでも導入する価値はあるのかも知れないなぁっと、最近のブログやサイトを読んでいても、つくづく思いますね。
アイドルの中で最も明るく見えるのはやはり白で、昼白色と表現されています。
しかも、逆に、静かに落ち着いて音楽やお酒などを楽しみたい時には、明るさを落とし、電球色に設定する事で、ロマンティックな空間を演出する事も出来るんですね。
まあもっとも、そこまで極端に色を変化させようと思うと、それなりに大変なので、実際には、白からオレンジ位の間で変化させるのが一般的ではあるみたいですけどね。
その理由は簡単で、神戸が電球を使ったイルミネーションなのに対し、大阪はアイドルを使ったイルミネーションだったからです。




【ランク10国】ランジェリーコレクション 咲田凛vol.3



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です