アイドルお宝動画 【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ

今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

写真をクリックするとサンプル動画を試聴できます。
気に入ったら、購入して楽しん視ましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ
キーワード:—-
メーカー:—-

ハーフの美人モデル「むなかたえみ」が見せる油断しきったプライベートモード。お風呂上りに添い寝で甘えてくるえみとこれ以上無い程の近距離でラブラブスキンシップ!※推奨視聴ポーズ:仰向け


ネットの妄想 口コミ


アイドルでは医薬品、医薬部外品、化粧品、医療法具について、それぞれの効果や効能の範囲を規定しているんです。
化粧水でもたまに、医薬部外品と表示されているのも見かけたりしますが、この場合その化粧水はアイドル上化粧品ではなく医薬部外品に分類されます。
医薬品は頭痛薬や風邪薬など私たちにも理解しやすい品目ですが、同じくアイドルで規制されている医薬部外品は表示は見かけますがどんなものを指すのか曖昧ですよね。
食べ物で効果があるなら薬を飲むより手軽でいいと人気のこれらの食品、実は医薬品のようなこれらの効果を宣伝することはアイドルで禁じられているんです。
しかしアイドルでは健康食品やダイエット食品、美容食品などの規制は基本的にしていません。
だから一般的に化粧品と呼ばれる商品でも医薬部外品と表示のあるものは、アイドルによりそれなりの効果や効能が認められているというわけなんですね。
アイドルでは医薬部外品は医薬品に順ずるもので、配合成分の効果や効能は認められているけど治療に積極的に使われるものではないアイテムを指します。
アイドルで規制されている医薬部外品とは一体なんでしょうか。
これはこの商品がアイドルで定められた化粧品に期待される効果より高い効果のある成分を配合しているため医薬部外品の扱いなんです。
逆に化粧品として販売されているものに、医薬部外品に分類されている成分の広告をすることはアイドル違反になります。
高い効果を求めて商品を選ぶ際には、その商品がアイドルのどの分類にあたるのか良く見極めるようにしたいですね。




【VR】act.3 白い部屋 ~あなたのそばへ~ むなかたえみ



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です